• ホーム
  • アフターピルの効果と身体に及ぼす影響

アフターピルの効果と身体に及ぼす影響

笑顔の女性

アフターピルの効果と身体に及ぼす影響について、アフターピルは、おおよそ性交渉の後、24時間以内に服用を行えば、妊娠してしまう確率はおおよそ0.5パーセントと、ほぼ0パーセントに近いものですが、当然ですが、ホルモンバランスを調整して、妊娠の確率を下げる薬であるため、女性の体に与える影響力というものは、とても大きいものです。
そのため、副作用としても、とても大きなものがあります。
まず、よく見られる副作用の症状として、多くの方があげているものは、吐き気、頭痛、倦怠感やめまい、酷い頭痛、またお腹の痛み、下痢、便秘、イライラとした気持ちが続くこと、手足などのむくみ、このような多岐にわたる副作用が出てしまいます。
特に吐き気については、かなり強い場合が多く、多くの女性がアフターピルを飲んだ後には、酷い吐き気や胃痛に苦しめられていることが現状です。
もちろん、個人差はありますが、酷い場合には、ベッドや布団に寝たきりになった状態になり、ほとんど食事も食べることができないほど、体力が消耗してしまうケースがあります。
このような胃痛や吐き気の対策には、対策として、吐き気を抑えてくれる薬を、病院によっては処方をしてくれるケースがあります。
また、お願いをすれば、吐き気を抑える薬を出してくれる場合があるため、医師の先生に聞いてもみることも大切です。
上記のような、吐き気やめまい、また場合によっては胸の張りなどが出ることがありますので、このような場合、妊娠をしてしまったのかもと心配になる方がとても多いです。
ただ、そのような場合には、念のために病院に再度行き、検査をしてもらい、そのことで、より、妊娠を下げる処方などをしてもらうことで、妊娠を避けることが可能です。

サイト内検索
人気記事一覧