• ホーム
  • アフターピルと低用量ピルの違い

アフターピルと低用量ピルの違い

スプーンの上にあるカプセル

アフターピルと、低用量ピルは両方ともピルという名前がつくために、混同されがちですが、目的がことなります。
アフターピルは、緊急用の避妊薬です。
これは、コンドームを着用せずにセックスをしてしまったあとであったり、着用をしたけれどもコンドームが破れてしまったときなど、性行為をしたあとに避妊薬として使用するものです。
レイプなど、無理やり性行為をさせられたあとにも使用する場合があります。
これは、性行為をしてから72時間以内に服用をすることで、避妊の効果を期待することができます。
アフターピルを服用することによって、女性ホルモンの働きで排卵を遅らせたり、子宮内膜に受精卵が着床するのを防ぐはたらきがあります。
通常、ピルを服用してから数日で出血がおこり、この出血がおこることによって避妊が成功したことがわかります。
アフターピルは、性行為があってから飲むまでに早ければ早いほど、効果が高いとされています。
産婦人科で処方してもらうことができます。
いっぽうで低用量ピルは、経口避妊薬で、日頃から服用を継続しておくものです。
ピルというと、こちらの低用量ピルのことを指すのが一般的です。
低用量ピルを日頃から服用することによって、排卵が抑制され、子宮内膜が厚くなるのも抑えられます。
低用量ピルは、コンドームよりも高い避妊効果があり、正しい服用方法によって、ほぼ100パーセントの避妊が期待できます。
避妊を目的とするだけではなく、生理不順が改善されたり、月経前のイライラなどのいわゆる月経前症候群の症状を緩和することもできます。
低用量ピルを服用することによって、望まない妊娠のリスクをさげることができます。
こちらも産婦人科で処方してもらうことができます。

サイト内検索
人気記事一覧